栃木の求人情報

現在日本では少子高齢化が進み、社会問題となっています。これに対して、国だけでなく地方自治体も独自の少子化問題に対する取り組みを行っています。幼稚園教育の普及や振興を図るため、幼稚園に就園させている家庭に対し、幼稚園就園奨励費補助金により保育料・入園料の減免措置を行っています。市民税所得割課税額によって補助限度額が変わり、国と市が財源負担します。さらに所得制限が撤廃される方向へと進んできています。栃木市においては幼稚園第三子以降支援特別補助金、幼稚園就園奨励費国庫非該当世帯特別補助金といった市単独事業が行われており、子育て世帯、特に多子世帯に対してこどもを幼稚園に通わせやすい環境づくりをしています。このように子供を育てやすい制度を作ることにより、少子化を食い止めようとしているのです。国民一人ひとりが声を上げて要望を出し新しいよりよい制度を作ることは、子供を育てやすい社会を作り国を発展させるためには大変重要なことなのです。